セラミック補修・
ホワイトニング

  • TOP
  • セラミック補修・ホワイトニング

セラミック補修

姫路市の歯医者「山田歯科医院」の審美治療についてご案内いたします。

むし歯治療で広く用いられている「銀歯」は安価で高い強度を誇りますが、やはりお口のなかで目立ってしまいます。そこで近年人気を集めているのが、セラミックに代表されるような、白く、自然な透明感のある補修素材です。

銀歯に対してコンプレックスをお持ちの方は、ぜひ当院までご相談ください。患者さんのお悩みやご要望をうかがった上で、最適な素材をご提案いたします。

「“銀歯”を“白い歯”にしたい」
というご要望はありませんか?

「“銀歯”を“白い歯”にしたい」というご要望はありませんか?

これまでのむし歯治療では銀色の詰め物や被せ物を用いるのが一般的でしたが、銀歯が目立つために「笑顔に自信が持てない」「人前で話すことに抵抗がある」といったお悩みを抱えている方も少なくありません。そのため現在では、審美性に優れた詰め物・被せ物のニーズが高まっています。また、過去の治療で用いた銀歯を取り外し、より自然な色調の素材に変更する方も増加しています。

銀歯のコンプレックスを解消したい方は、ぜひ当院までご相談ください。気になる銀歯にサヨナラして、美しく白い歯を手に入れましょう。

銀歯を白くするメリット・デメリット

メリット

デメリット

  • 審美性が高く、自然な白い歯が手に入る
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 銀歯と一緒に歯を削る必要がある
  • 痛みが出たり、しみたりする場合がある

セラミック補修で取り扱う
素材について

  • ジルコニアクラウン

    ジルコニアクラウン

    オールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用したもの。金属のような強さを持つジルコニアを使うことで、従来のセラミッククラウンよりも高い強度を誇ります。

    オールセラミックよりも透明度が高く、歯茎が明るく見えるのもポイントです。

    ジルコニアは腐食に強く、生体親和性が高いため医療分野で広く注目を集めています。また、奥歯やブリッジに使用できるのもメリットです。

  • ハイブリッドインレー

    ハイブリッドインレー

    セラミックに歯科用プラスチックを混ぜ、強度を増した素材のことです。オールセラミックにはやや劣りますが、審美性との両立を叶えています。自費治療のなかでは比較的安価で、費用を抑えたい方にもおすすめです。

    硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうど良い硬度なので周囲の歯を傷つける心配がありません。

    ただし、割れるケースもゼロではないため、咬み合わせの状態によっては使用できない場合があります。

  • メタルボンド

    メタルボンド

    内側を金属で補強し、外側をセラミックで覆ったものです。見た目はセラミックなので仕上がりがとてもキレイで、オールセラミックにはやや劣るものの、自然な色調を回復できます。

    一方、中身は金属なので衝撃に強く、割れにくいのがメリットです。

  • ファイバーコア

    ファイバーコア

    神経がない歯の機能を回復するためには、歯根を補強するために芯(コア)となる土台を入れる必要があります。

    ファイバーコアは金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方も安心して使用可能です。

    また、金属と比べて弾性があるため、歯に優しく、歯根破折のリスクを低減できます。歯に近い色をしているため、見た目が自然に仕上がるのもメリットです。

  • CR充填

    CR充填

    白いペースト状をしているため小さな穴も埋めやすく、歯の一部分のみを修復する際に用いられます。治療期間は1~2日と非常に短く、削る量が少ないため歯にも優しい治療法です。

    硬さがないため周囲の歯を痛めにくいというメリットもありますが、その反面、奥歯のように咬み合わせの強い歯にはおすすめできません。

    また、長期間使用していると変色する場合があります。

Pick Up

きれいな前歯に整えるために。
技工所と提携して治療いたします

きれいな前歯に整えるために。技工所と提携して治療いたします

歯の審美性を回復するためには、精密な歯科技工物が不可欠です。また、歯の色調やツヤ、耐久性、費用など、患者さんそれぞれにさまざまなご要望がおありかと思います。

山田歯科医院では、歯科技工所と密な連携をはかっています。患者さん一人ひとりの歯の状態やご要望をしっかりと伝えることで、より理想的な歯科技工物をご提供可能です。

ホワイトニング

近年、若い女性を中心に人気なのが、歯の黄ばみを分解して自然な白さを回復させる「ホワイトニング」です。当院では自宅で簡単にできるホームホワイトニングをご用意しておりますので、忙しい方も無理なく続けることができます。

こちらでは、ホームホワイトニングのメリット・デメリット、そして注意点をご紹介します。当院では神経を失った歯(失活歯)のホワイトニングにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

歯の色を白くしたい方への
ホワイトニング

歯の色を白くしたい方へのホワイトニング

むし歯治療などで歯の神経を取ると、やがて歯の色が変色してしまうことがあります。奥歯であればそれほど目立ちませんが、前歯の変色は見た目にわかりやすく、患者さんにとって大きなコンプレックスとなってしまうでしょう。神経を失った「失活歯」も、白く漂白することは十分可能です。

ホームホワイトニング

白く美しい歯を手に入れたい方には、ホームホワイトニングがおすすめです。ホームホワイトニングとは漂白剤を注入したマウスピースを一定時間装着していただく方法のことで、自宅で手軽に歯を白くすることができます。クリニックに通う必要がないため、忙しい現代人にぴったりの方法です。

ホームホワイトニングの流れ
  • Step1

    Step1

    まずはカウンセリングをおこない、ホームホワイトニングの特徴や注意点などを詳しくご説明します。気になる点や不安な点は、なんでもお気軽にご相談ください。

    患者さんのご希望をうかがった上で、最適な治療計画を決定します。

  • Step2

    Step2

    ホワイトニングをおこなう前に、歯の状態や色調を確認します。歯の表面に汚れやプラーク、歯石などがある場合は、歯のクリーニングをおこないます。

  • Step3

    Step3

    患者さんの歯型を採り、マウスピースを作製いたします。マウスピースの使用方法や注意点をご説明し、ホワイトニングキットをお渡しします。

  • Step4

    Step4

    ご自宅でホワイトニングをおこなっていただきます。

    やり方はとても簡単で、マウスピースにホワイトニング液を入れ、1日数時間ずつ装着するだけでOKです。個人差はありますが、おおよそ1~2週間程度で歯が白くなっていきます。

    また、回数を重ねるほど歯の白さを増すことができます。

  • Step5

    Step5

    治療後も白さが長続きするよう、丁寧な歯磨きを心がけましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット

デメリット

注意点

  • 自宅で手軽にホワイトニングができる
  • 薬剤を追加購入すれば、繰り返し使用できる
  • コストパフォーマンスが良く、続けやすい
  • 歯が白くなるまで時間がかかる
  • ホワイトニング後24時間は歯が着色しやすく、食事制限が必要
  • 施術前後は丁寧に歯磨きしてください。
  • 施術中の喫煙は控えましょう。

ウォーキングブリーチ(失活歯のホワイトニング)

ウォーキングブリーチ(失活歯のホワイトニング)

失活歯(神経を失った歯)の変色は歯の内側に原因があるため、通常のホワイトニングでは思ったような効果を得られない場合があります。

ウォーキングブリーチは、歯の詰め物を取り除いて内部にホワイトニング剤を注入する施術方法です。1~2週間ごとにホワイトニング剤を交換することで、歯の変色を大幅に改善することができます。無事にホワイトニングが終了したら、再度詰め物を施して治療完了です。

Pick Up

お悩み事があればお気軽に相談しに来てください

お悩み事があればお気軽に相談しに来てください

山田歯科医院では、患者さんとのコミュニケーションを非常に大切にしております。

審美治療をご希望の患者さんのなかには、歯の色や形にコンプレックスを抱えている方も少なくありません。当院ではそうした患者さんのお気持ちに寄り添うべく、一人ひとり時間をかけて丁寧なヒアリングをおこなっております。患者さんの目線に立ち、最適な治療法をご提案させていただきますので、まずはお話をお聞かせください。